マカで体脂肪を燃焼 スポーツに最適

スポーツにも効果を発揮するマカ

マカ 体脂肪を燃焼させる

マカは多くの栄養成分を含んでいて滋養強壮効果があり、
運動・スポーツ時のスタミナに有用であるだけでなく、
ベンジルグルコシノレートやビタミンCやビタミンEには
抗酸化作用があり、抗疲労効果も報告されています。

 

 

さらにビタミンB群やアミノ酸が糖質や脂肪を効率よくエネルギーにするのをサポートして
くれますので、体脂肪を燃焼するために有酸素運動をする人に特にお奨めできます。


 

成分から推測できる体脂肪への作用

動物実験で体脂肪減少の結果がでているマカですが、効く理由についてははっきりした
ことはわかっていません。

 

ベンジルグルコシノレートに成長ホルモンの分泌を促す作用があることから、これが
何らかの影響を及ぼしているのではないかと言われています。

 

それ以外のマカの成分では、体脂肪の分解を助けるリパーゼという酵素を活性化する
等の働きがある燃焼系アミノ酸とも言われる4つのアミノ酸、リジン、プロリン、アラニン、
アルギニンが関係していると言われています。

 

ただ、注意しなければいけないのは、これらのアミノ酸は、
きちんと有酸素運動を行った場合に体脂肪を燃焼しやすくしているというもので、
運動をしないでアミノ酸だけ摂っていれば良いというわけではありません。

 

マカが体脂肪に及ぼす影響

体脂肪に対する影響については、はっきりと証明されているわけではありませんが、
マカやマカに配合されている成分に体脂肪の燃焼を促進する働きがあるという結果が
動物実験で出ています。

 

マウスにマカの主要成分であるベンジルグルコシノレートを4週間与えた結果、体脂肪を
優先的にエネルギー源として使用する作用が確認され、脂肪蓄積量が顕著に減少して
いるという結果が報告されています。

 

ベンジルグルコシノレートには肥満を抑制する作用が報告されています。

 

さらに肥満と高脂血症に対する作用をマカ抽出物及び

マカが体脂肪に及ぼす影響

ベンジルグルコシノレートで調べるために、高脂肪食を
摂取させた雌のマウスを使った研究があります。

 

マカ抽出物又はベンジルグルコシノレートを投与させた
結果、高脂肪食によってマウスは体重が増加しました
が、マカ抽出物を与えたマウスでは体重増加が
抑えられていました。

 

またマカ抽出物及びベンジルグルコシノレートにより、
高脂肪食により増加した血中中性脂肪が低下していたことも報告されています。